五月人形や雛人形を初節句のお祝いに贈るなら、岩槻人形優良店

TEL 048-757-8881
雛人形五月人形木目込み人形鎧 兜雛人形・五月人形の修理、交換雛人形・五月人形の供養
メインメニュー
TOP
会長挨拶
沿革
組織図
活動内容
会員
賛助会員
お問合せ

東北関東大震災で被災された皆様およびご家族の皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈り申し上げます。

岩槻の人形の歴史

岩槻は人形の街として知られ、特に節句飾りが有名です。初節句の贈り物を探すなら、たくさんの雛人形(雛人形)や五月人形などの販売店が多数あるのでおすすめです。その中でもより良い人形を販売しようとする人たちが集まって「岩槻人形優良人形店会」を作りました。大切な初節句を祝う雛人形は、それぞれの工程を専門の職人さんが丁寧に制作しています。 かつて公家や大名のお姫様にとって、ひな人形とひな道具は大切なお嫁入り道具の一つでした。 岩槻の雛人形は江戸時代からの歴史があり、今でも雛人形に関連した行事がたくさん開催されています。初節句のお祝いごとの際にはぜひ、お子様に素敵なお人形を選んであげるというのはいかがでしょうか?

新着情報

2009年10月19日
愛し、慈しんだ雛人形・五月人形を、岩槻公園の人形塚の前で荼毘(だび)に付す人形供養祭は11月3日。人形を手にした人々が毎年全国から集まり、最後の別れを告げてゆきます。生み出すときから別れのときまで人形を見守る。岩槻ならではの伝統行事と言えましょう。
2008年11月17日
ホームページをリニューアルしました。

初節句のお祝い

女の子の初節句

女の子の初節句はお宮参りが済んだ後に行うのが一般的で、お誕生の後31日目頃とされています。お節句の前3週間以内に生まれた赤ちゃんのお祝いは、翌年に行うことになっていると、「明治神宮制定の人生儀礼」に書かれています。そのため、ひな祭りは2月 10 日以前に生まれた赤ちゃんをお祝いすることになります。しかしながら、これには正式なルールはありません。待ちに待った女の子の場合とか、諸処の事情で雛祭りを来年に延ばしたくない場合は形式にこだわる必要はないでしょう。初節句のとき、ひな祭りを行うかどうか微妙な場合、ご親族などにはご挨拶の通知をしておきましょう。

男の子の初節句

初節句とは、誕生後初めての節句(季節の変わり目を祝う日)のことです。そのため、男の子の初節句はお宮参りが済んだ後に行うのが一般的です。お宮参りはお誕生の後31日目頃とされていますが、お節句の前3週間以内に生まれた赤ちゃんの御祝いは、翌年に行うことになっていると「明治神宮制定の人生儀礼」に書かれています。また、男の子は5月5日の端午の節句に武者人形などが祖父母から贈られ盛大なお祝いをします。初節句は実家や両親だけで内祝いをすることで充分ですが、最近では神社に祈願、祝詞をあげていただくことも多くなっています。神社によっては料金が決まっている場合がありますが、だいたい3千円から5千円ぐらいが目安になっているそうです。健やかな成長のために初節句で行うお祝いは、とてもすてきな思い出になるでしょう。

岩槻人形優良店会会員

岩槻人形優良店会